写真を拡大する
燈明寺畷
〒910-0064
福井市新田塚町


最寄駅:新田塚駅
 燈明寺畷
  とうみょうじなわて
 新田義貞戦没伝説地
南北朝時代の武将で、南朝方の忠臣・新田義貞が暦応元年(1338)に、斯波高経の軍勢に出会い、無念にも敗れ戦死したと伝えられる場所です。江戸時代に義貞のものと思われる冑が水田から発見され、当時の藩主・松平光通が義貞を称え石碑を建立しました。国指定史跡となっていいます。
写真を拡大する
新田義貞は、鎌倉末期に現在の群馬県新田郡新田町に生まれ育ち、わずかな手勢で鎌倉幕府打倒に決起し、ついに強靭な幕府を打ち倒した名将。足利尊氏とは長い間ライバル関係にあり、尊氏軍の入京により,義貞は恒良親王等と奉じて越前に下りました。
オンデマンド オンデマンド
※ 写真クリックで拡大
戻る