ホーム > 会社案内 > 番組審議会

番組審議会

番組審議会は放送法に定められた機関で、番組内容の充実・向上を目指すことを目的としています。

2024年

第391 議会
日時 2024年5月23日(木)
場所 FM福井会議室
出席者 荒川 裕子
池田 岳史
古木 晶子
齊藤 理子
増永 迪男
局側出席者 堀 謙(欠席)
事務局 石川 尚裕・藤田 佳代
議題 Street Fiction by SATOSHI OGAWA 合評
2024年 4月 21日(日)9:30〜9:55
2024年 5月 5日(日)9:30〜9:55
概要

小川さんはぼそぼそしゃべっているようだが、意外と聴き取りやすい声である。
山下洋輔さんゲストの回では、フリージャズについてのお話しが歌舞伎など日本の伝統芸能と通じるところがあって興味深かった。
小説家の立場から聞くインタビューは形として面白く聴きやすかった。
小川さんが話しを聴きたいゲストを呼んでいるのであろう。インタビューに好奇心が表れていて、トーク内容が濃いと感じた。
陰謀論の話しについては上手に構成されていたが、ただ一般大衆は騙されることなく、各自が判断すべきという常識的な結末になっていて少し残念だった。
FMで放送するからこそ対談している人の空気感を大切にして欲しい。


第390 議会
日時 2024年4月25日(木)
場所 FM福井会議室
出席者 荒川 裕子
池田 岳史
古木 晶子
齊藤 理子
増永 迪男
局側出席者 堀 謙
事務局 石川 尚裕・藤田 佳代
議題 鈴木愛理のEasy to Smile
2024年 4月 7日(日)9:00〜9:30
2024年 4月14日(日)9:00〜9:30
概要

いい意味でも悪い意味でも街の女の子の話をずっと聴いていたいう印象。
最初はテンションが高くて30分は疲れるかと思ったが、ワードやエピソードが豊富で、最後には聴き応えを感じた。
ファンにとってはたまらない番組だろうが、語りが長く切れ目が無いので、運転や家事など、ながらで聴いている人には話しが入ってこないのではと感じた。
曲のチョイスは朝向きで放送時間にあっている。
アーティストとしての活動をもっと番組に活かしてほしい。


第389 議会
日時 2024年3月22日(金)
場所 FM福井会議室
出席者 池田 岳史
荒川 裕子(書面審議)
古木 晶子
増永 迪男
局側出席者 堀 謙(欠席)
事務局 石川 尚裕・藤田 佳代
議題 武井壮・とにかく明るい安村 THE WORLD CLASS
2024年 3月 4日(月)17:00〜17:30
2024年 3月11日(月)17:00〜17:30
概要

斎藤さんは相手の話しをしっかりと聴き出そうとして好感が持てた。
FM放送としては、経営者の話しを伝えるだけでなく、アバンギャルドな視点も入れて欲しい。
学生たちには参考になるのではと思う部分もあるが、誰向けに放送していくのか、ターゲットを明確にしてみては。
トークの合間に1曲でも音楽が流れると、話題の転換点にもなり、聴きやすいのではないか。
近年このような雑談系の番組が増えていると感じる。


第388 議会
日時 2024年2月29日(木)
場所 FM福井会議室
出席者 池田 岳史
荒川 裕子
古木 晶子
増永 迪男
森川 徹志
局側出席者 堀 謙
事務局 石川 尚裕・藤田 佳代
議題 武井壮・とにかく明るい安村 THE WORLD CLASS
2024年 1月27日(土)19:30〜19:55
2024年 2月 3日(土)19:30〜19:55
概要

陽気な番組であるがうるさいこともなく、リスナーを置いてきぼりにしない構成である。
人・モノ・コト、ワールドクラスのネタ。どうでもよいことからへーっと思わせることまで、話題が豊富。
能登半島地震での実体験の話しをされたのは、被災地から離れているリスナーにも伝わったのでないか。
公開録音は拍手の音などもう少し臨場感があったほうがよい。
もう少し構成を練ったほうが良いのでは。


番組審議会

会社案内